注文住宅

注文住宅の大変さと楽しさ

建売と違って注文住宅は一から決めていかなくては行けないから、時間と労力がかかります。
まずは住宅展示場に行ったりしてどこのメーカー、工務店で家を建てるのか決めなくてはいけません。色々な説明を聞いて、ここのメーカーがいいなって思っても担当の営業さんと相性がよくなければ、そのメーカーは辞めてしまうこともあります。営業さんとの相性は本当に大事だと思います。そして、メーカーが決まったらどんな間取りにしたいのかとか、何坪の家にしたいのかとかを話し合って行きます。土地も決まってなければ平行して決めていかなければなりません。土地が決まらないと、玄関の位置や坪数が決まらないから土地は早めに決めておいたほうが楽だと思います。
間取りもリビング玄関にするのか、キッチンの位置はどこにしたいかとか色々希望を伝えて何回も話し合って決めて行きます。一回この間取りって決まっても本当にこれでよかったのかって思い始めたり。間取りが決まったら次はキッチン、お風呂トイレなどをどのメーカーのものにするかを決めます。ここが注文住宅で一番大変だけど楽しいところです。ショールームに行って色々勉強して決めます。あと床の色、ドアの色など決めることがたくさんです。
大変だけど、自分たちで納得のいくまで話し合って決めた注文住宅だから大切にしていけます。

ピックアップ

  • 注文住宅の大変さと楽しさ

    建売と違って注文住宅は一から決めていかなくては行けないから、時間と労力がかかります。まずは住宅展示場に行ったりしてどこのメーカー、工務店で家を建てるのか決めなくてはいけません。色々な説明を聞いて、ここのメーカーがいいなって思っても担当の…

    MORE

  • 注文住宅ができるまで

    注文住宅ができるまでの経緯として、まずは住宅展示場を見に行きました。その住宅展示場は各メーカーが1棟~3棟ほど建てており、様々なメーカーの建物を見ることができました。そういった中でメーカーを決め打ち合わせ等に進めていきました。まずはそのメーカー…

    MORE

TOP